整形外科による腰痛治療について

腰痛の原因というのは多くありますが、痛みがあるのに放置したり、自己判断で治療を独自に行ってしまったりすることで悪化してしまうことがあります。ですのでまずは整形外科にいって検査をしてもらい、何が原因で腰痛が引き起こされているのかを判断しましょう。

 

病院というのはもちろん医師免許を持っている人が検査も治療もしてくれますし、当然保険も適用されます。必要に応じてX腺検査やMRI検査も行いますし相談や生活指導なども行われます。

 

では、具体的にどういった治療をするのかについて説明しますが、まずは薬物療法になります。消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、ビタミン剤、骨粗しょう症の治療薬などが処方されて服用することで治療を行います。
また、遠赤外線やレーザーなどによって患部を温めて血行促進をして痛みを緩和する温熱療法、そして局所麻酔によって麻痺させて痛みを一時的になくすブロック療法、骨盤部をベルトで固定して頚椎を引き伸ばす牽引療法、そして手術療法があります。
これ以外にもコルセットを用いた装具療法だったり体操療法を行うということもあります。

 

腰痛治療に関しては色々な治療法がありますが、何にしてもまずは整形外科での治療をすることをオススメします。整体や整骨などもありますが、まず原因を把握することが大切ですし、もしかしたら別の病気が原因の可能性もあります。
そういったことを考えたらやはり整形外科を受診するということが大事になるのではないでしょうか。