腰痛を予防する為の食事について

身体は毎日の食事による栄養素によって作られていますが、腰痛を予防するには骨、靭帯、筋肉に必要な栄養素を含有している食品を積極的に摂取することが重要になります。では、どういう栄養素を腰のために摂取すればいいのかについて説明しますが、まずはカルシウムです。カルシウムを摂取することによって腰痛や背骨を維持することに役立ちます。骨量低下を予防する為にカルシウムというのは不可欠であり、吸収率が低下してしまう中高年というのは特にカルシウムの多い食材を選ぶといいでしょう。

 

次にビタミンDもオススメですが、これはカルシウムを吸収させる働きがある栄養素だからです。腎臓を通過して排泄されるカルシウムを再吸収させるという働きもありますので積極的に摂取することをオススメします。

 

次に葉酸ですが、これを摂取することで発症神経を修復します。腰痛などの痛みだったり痺れを防いでくれる働きがあります。またビタミンEもよく毛細血管を広げる働きがあり、それによって冷えなどを改善してくれますし、血行促進することによって筋肉に栄養を運びやすくなりますので筋力トレーニング後には積極的に摂取することをオススメします。

 

そして、関節や軟骨に存在しているグルコサミンという成分もいいでしょう。これは体内での産生が加齢によって減少していきますので積極的に摂取するようにしましょう。

 

このように色々な栄養素は腰痛に作用しますが、やはり十分な量を常に摂取するということは難しいのでサプリメントなどを利用しながら摂取することをオススメします。