腰痛の症状別に効果のある漢方

そもそも漢方に関しては非常に多くの種類があるということはそれなりにご存知だと思います。ですので腰痛の症状別にどういった漢方がいいのかを紹介します。

 

まずぎっくり腰にいい漢方ですが、疎経活血湯(そけいかっけつとう)が挙げられます。働きとしては血流や水分循環の改善によって痛みを和らげる効果があります。次に芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)ですが、働きは胆石や尿路結石から引き起こされる痛みや胃腸や胆のうなどのの急激な痛みにも効果があります。

 

冷えが原因の腰痛に効果のある漢方になりますが、苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅっかんとう)になります。働きとしては体温上昇による腰痛の緩和、下半身の冷えによる強い痛みにも効果的です。これ以外には体温上昇や痛み緩和作用、関節痛や神経痛などにも作用する桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)、身体を温めて機能を高める働きがあり水分循環促進作用により痛みを和らげる効果のある真武湯(しんぶとう)があります。

 

次に腎機能の低下によって引き起こされる腰痛に効果のあるのが八味丸(はちみがん)という漢方であり、これは働きとして下半身の衰えによる痛みや痺れ、腎機能低下による乾燥肌などに効果があります。また排尿系のトラブルや疲れやすさに効果のある六味丸(ろくみがん)や、血液循環を改善して体を温めてホルモンバランスを整える効果のある加味逍遙散(かみしょうようさん)などがいいでしょう。

 

このように腰痛の原因によって効果のある漢方というのは様々ですので、症状に合わせて摂取してみてはいかがでしょうか。