腰痛に効果的な座り方とは

腰痛の予防をする上で姿勢は非常に重要であるということを伝えましたが、実は座り方一つでも腰痛予防になります。正しい床の座り方に関してですが、まず正しいのは正座になります。正座というのは背筋がしっかりと伸びて重心が傾くということはないです。腰への負担も最小限に抑えることができますので腰痛予防になります。ただ、正座に慣れていないと足がしびれてしまいます。そういう時は腿と膝の間に座布団をはさんで座ったり正座補助椅子を使うことによって楽に正座をすることが可能になります。

 

次に椅子への座り方についてですが、椅子に座る際には座高に合う高さで柔らかすぎないものを選ぶということが重要になります。膝よりお尻の方が少し高い状態で足の裏が床にしっかりとつくようにしてください。膝の角度は90度にするということが理想となります。その姿勢のまま背もたれに深くこしかけて両膝は少し空けるようにするといいでしょう。

 

ちなみに最近では色々な腰痛防止クッションが発売されていますが、医師が考案したウレタン素材を使用したクッションなどもあり、腰痛改善に効果的です。ですので、椅子だけではなくそういった腰痛改善クッションなどの利用もオススメします。

 

逆に腰痛を引き起こすような悪い座り方はどういった座り方になるのかというと、あぐらや横座り、肩肘をつく姿勢になります。また背中を丸めた姿勢や足を組むというのもよくありません。腰痛の原因というのは非常に色々とありますが、姿勢だけで腰痛になってしまう可能性もありますので、常に気をつけておくといいでしょう。