腰痛に効果のある寝方について

腰痛予防に効果のある正しい寝方についてですが、寝方が腰痛に関わるということを始めて知ったという方も多いのではないでしょうか。とにかく腰に負担をかけない姿勢にするということが非常に重要になります。リラックスできる姿勢ということが基本になりますが、その上でうつ伏せの姿勢で寝るというのはやめましょう。痛みがあるのであれば腰に負担をかけない姿勢で寝るようにしましょう。横向きで少し前かがみであり、膝や足を軽く曲げる寝方が理想的であり、抱き枕などを使うとよりいいでしょう。出来るだけ体にフィットさせることで腰への負担も減少しますので腰痛を持っている方には非常にオススメになります。

 

寝方については解ったと思いますが、次に大事なのは寝返りができる環境で寝るということです。狭い場所で寝返りが打てないとなると血液循環が悪くなってしまうことで肩こりだったり腰痛の原因になってしまいます。ですので寝返りが打ちやすい寝具や場所で寝るということが重要になります。

 

さらに枕も非常に大事であり、枕の高さというのとにかく寝ていて楽な状態というのが理想になります。また、硬すぎず柔らかすぎないというのが一番いいです。そういう風に枕にも気を使うと腰痛には効果があります。

 

とにかく質のいい睡眠などとよく言われますが、とにかく寝る環境というのは非常に重要になります。そういう環境を作ることによって質のいい睡眠が生まれるということになります。