腰痛 サプリ

日常生活に支障をきたす腰痛。じっとしていたら治る、時間が経てば治る、なんてことはありません。腰痛を引き起こす原因として挙げられるものは…

 

・姿勢の悪さ
・運動不足
・ストレス
・椎間板の老化

 

などと日頃から意識することで改善されることもたくさんあります。痛みが軽いからと放っておくとひどくなったり慢性化したりするので、違和感を感じたら出来るだけ早めに原因を見つけ、治療することを心がけてほしいです。正しい姿勢や座り方、筋力アップ、バランスの良い食事などを意識するだけで腰痛の予防に効果的です。特に腰痛予防に有効な成分カルシウム・ビタミンD・葉酸・ビタミンE・グルコサミンなどを多く含む食品をバランスよく摂取する事で、骨や筋肉が強くなり腰痛の予防になります。

 

腰痛が慢性化してしまうと機敏に動けなくなったり、痛いところをカバーしたりと日常生活に影響が出てしまいます。異変を感じたら病院でしっかり診てもらうことが大前提です。その他にサプリメントや漢方、コルセット、整体や整骨院での治療をすることで痛みが緩和されたり、症状がよくなったりすることも。特にサプリメントは体内から改善する効果があります。歳を重ねるごとに体内でつくられる量は減ってきますし、食事から摂ることもなかなか難しいと考えられます。

 

・グルコサミン  →炎症を抑え痛みを和らげる
・MSM       →動きをスムーズにする
・プロテオグリカン→クッションの役割
・カルシウム   →骨の細胞を作る

 

などが配合されたサプリメントを摂取する事で、腰痛の改善に大きく役立ちます。薬ではないので即効性はないですが、じっくり継続して摂取していくことで効果が表れるようです。今注目されている腰痛に効果的なサプリメントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

大正グルコサミンの特徴

カニやエビの殻に含まれているグルコサミン。体内でも作られているけど年齢とともに減少。1日の摂取目安量の1,500rがしっかり配合されたサプリです。他にもサメの軟骨から抽出した純度の高いコンドロイチン、潤いを与え健康や美容にも効果的なコラーゲンも一緒に配合することで、元気な毎日を送れるようサポート。1日分が袋にまとめて入っているので、持ち運びしやすく飲み忘れの心配もなくなります。出かけるのが面倒に・・・もっと体を動かしたい…立ったり座ったりすることが辛い・・・などと感じている方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 1日1袋 グルコサミン・コンドロイチン

 

久光製薬 MSM+グルコサミンの特徴

有機イオウ成分のMSMは動きをスムーズにして弾力を与える働きがあります。主にトマトや牛乳に多く含まれていますが、これらから必要量摂ることは正直言って難しいです。1日の摂取目安量の1,800rが配合されたサプリです。他にも年齢とともに減少するグルコサミン、動きを滑らかにする西洋ヤナギエキスの3つの成分を製薬会社だから出来るこだわりの配合によって、毎日の元気をサポート。家事をするのが面倒…何をするにも気分が乗らない…身体を動かすことが苦手・・・などと感じている方にぜひおすすめです。

価格 4,680円
評価 評価4
備考 1日10粒 MSM・グルコサミン・ヤナギエキス

 

北国の恵みの特徴

今注目のプロテオグリカンは北海道産のサケの鼻軟骨から抽出している成分。グルコサミンより動きがスムーズで、高い保水力を持ち水をクッション代わりとして軟骨の衝撃を和らげる役割があります。さらに熱を加えずじっくり抽出することで、プロテオグリカンの成分を壊さずそのまま配合。他にも動きを滑らかにするヒアルロン酸、含まれている成分をまとめるU型コラーゲンなどの軟骨成分がぎゅっと凝縮。何をするにも億劫に…正座や階段がしんどい…もっと外に出て動きたい・・・などと感じている方にとてもおすすめです。

価格 480円
評価 評価3
備考 1日3粒 プロテオグリカン・ヒアルロン酸

 

腰痛を治すには?

 

老化、妊娠、ストレス過多、体質変化などありとあらゆる原因で腰痛が引き起こされることがあります。ただ、多くの方が腰痛は放っておけばいつか治るというイメージがあり、特に何もしない場合もありますが、放置してしまうと慢性化しますし、症状も悪化してしまうことがあります。

 

そもそも、痛みが出たらもしかしたら内臓疾患などが原因であることもありますので、原因をしっかりと病院に言って解明することが重要です。ただ、普通の腰痛であれば日々の生活の中で対策や改善は可能ですので説明します。

 

まず、栄養素やサプリメントによって改善する方法になりますが、例えばグルコサミンなど軟骨の再生や炎症抑制があるもの、関節や軟骨に作用するコンドロイチン、それ以外にもカルシウムは各種ビタミンなどを摂取することが腰痛対策になります。

 

次に漢方で改善するという方法がありますが、ただ漢方には数万種類が存在しているといわれていますので、症状に合わせて漢方を処方します。生活習慣の改善と共に症状に合う漢方を選ぶということが非常に大事になります。

 

またサポート器具になってしまいますが腰痛を抑えて負担を軽くするというのでしたらコルセットやベルトなどがオススメになります。応急処置をするくらいでしたら効果は期待できます。再発防止や改善補助具などとしても大丈夫です。

 

自分で改善しない上に医療行為じゃないものとして整体や整骨院、そして接骨院という方法もあります。きちんと腰痛に対して効果を期待することが可能です。

 

後は整形外科でしっかりと診てもらって改善していくという方法になります。とにかく改善するために自分の合うものを選んでください。

 

腰痛の改善に良いサプリはどんな成分?

 

つらい腰痛を改善する作用をもつ成分であり、さらにサプリメントで摂取することが出来るものと言えばグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸になります。どうしてこられらの成分がいいのかというと椎間板などといった軟骨を構成する成分であり、腰痛と非常に関連しているからです。

 

ですが体内で作られる量というのは年齢を重ねるに連れて少なくなります。特にグルコサミンなどは出生時がピークであり、そこから減少していきます。もちろん食材に含有されていますが、それだけでは必要摂取量を満たすということは厳しいのでサプリメントで摂取するということが効率的です。もちろん多少個人差がありますので、とにかく継続するということが大切です。

 

即効性はないでしょうが、数ヶ月継続して摂取すれば少しずつ効果が出てくるとされており、人によっては効果がないと思って止めたら再開して効果を実感したという方もいます。

 

このように継続しないことには効果を得るということは難しいのがサプリメントになりますので、出来る限り続けるということに重点をおいて飲み始めるようにしましょう。

 

身体の内側から腰痛を改善するということに抵抗があるかも知れませんが可能なことですのでまずは摂取することをオススメします。もちろんサプリメントと言っても多くの種類が存在していますので、その中で成分や効果をしっかりと吟味した上で自分に一番効果のあるものを選ぶようにしてください。高ければいいというわけでもなく個人差もあるということを頭に入れておきましょう。

 

腰痛の原因

 

つらい腰痛になると私生活に悪影響を及ぼしてしまいますが、すぐ治ると思って放置すると慢性化してしまうことがあります。軽い症状だとしても腰に痛みがあればとにかく早めに改善させるようにしましょう。

 

腰痛を和らげる場合、予防をするにはまず腰痛になった原因について理解する必要があります。どうして腰痛になってしまったのかということを把握することによって腰痛の改善、そして予防をすることができます。

 

まず、腰痛の原因として挙げられるのが姿勢によるものになります。しっかりと姿勢を意識して習慣にするということが重要になります。正しい姿勢をすることによって腰痛が改善することが期待できます。

 

次にデスクワークの方や高齢の方の原因になることが多いのが運動不足によって引き起こされる腰痛になります。大腰筋、腹筋、背筋の衰えにより腰痛になりますので適度な運動を心がけるようにしましょう。

 

また精神的な緊張によって腰痛が引き起こされるということがあります。厄介なのは診察をしても原因が特定できないというところで、そういう方は自律神経の失調や精神的緊張状態が継続するようなことで腰痛になってしまっているかもしれません。そういう場合はストレスを解消したりしないと改善されませんので、まずは原因を把握しましょう。

 

また、椎間板という背骨の椎骨と椎骨のクッション剤として働く椎間板がありますが、これは20歳あたりから老化が始まりますが、それによって水分や弾力性がなくなってきます。これが原因によって腰痛が引き起こされます。

 

さらに妊娠することで姿勢が悪くなって腰痛を引き起こすということもありますが、このように腰痛には様々な原因があるということを覚えておきましょう。

 

腰痛の治療法

 

腰痛になれば早く改善したいと思うでしょうが、改善する為にはどういった治療法があるのかということを考える必要があります。

 

早速ですが、まず最初は薬物療法になります。腰痛の痛みを和らげるために主に使用するのが炎症を鎮めることで痛みが和らぐNSAIDsという薬になります。これによって痛みを出す原因である発痛物質タグランジンの生成を抑えます。

 

次に理学療法になりますが、色々な方法がある中で主に用いられるのが温熱療法や牽引、低周波治療法となります。温めることで血行促進させて痛みを軽減させたり、腰を引っ張り筋肉の伸縮をすることでマッサージ効果を与える治療法になります。ただ、これに関しては腰痛を悪化させてしまう可能性があります。
そして低周波治療法に関しては腰に電流を流して筋肉を収縮させる方法になります。

 

次に装具療法といって腰の固定や保護といった動きを安定させるために腰に装着して痛みや負担を緩和させる治療法になります。ちなみに装具というのは身体機能をサポートする為に取り付ける器具であり、サポーターやコルセットなどを指しています。

 

さらに局所麻酔剤とステロイド剤を痛い部分に直接注入する治療法であるブロック療法があります。これは一時的に痛みを緩和させて痛みによる筋肉の緊張や血管収縮を抑制する効果があります。

 

そして最後が手術療法になりますが、その名前の通り手術のことになります。後方椎間板切除術によってヘルニアの切除をしたり、椎間板固定術によって骨をプレートなどで固定するというものがあります。このように様々な治療法がありますので、自分に適する治療法で改善しましょう。

 

腰痛の予防法

 

腰痛の大きな要因となるのが姿勢、筋力の衰え、生活習慣などになりますが、原因を理解しておけば予防をすることも可能になりますので腰痛に悩んでいる方は是非知っておきましょう。

 

正直に言って、腰痛の辛さというのは私生活にも悪影響を及ぼしてしまいまうので、もちろん味合わないということが一番です。どんな予防法であっても、日常生活に取り入れることができますので、普段から予防法を行って、腰痛にならないように毎日の生活を送るようにしましょう。

 

では、まず職場で出来る腰痛予防になりますが、そもそも労災の6割を占めているのが腰痛になりますので、その分気をつける必要があります。腰に負担の大きい仕事は分業するなどしっかりと健康管理体制を整えることが重要になります。

 

次に腰痛を予防するには食事も大事になってきますが、まず腰痛を防ぎたいのでしたら骨や靭帯や筋肉を作るために必要な栄養素になるカルシウムだったりビタミンDだったり葉酸、ビタミンE、グルコサミンなどが豊富に含有されている食品をバランスよく摂取しましょう。

 

正しい姿勢をするというのも腰痛予防になりますが、姿勢というのはそもそも習慣になっているものですが、立ち方が運動の仕方など腰の負担にならない姿勢を意識すれば未然に腰痛を防げます。

 

また座り方でも腰痛に効果があります。一日の中で座ることは多いと思いますが、腰痛を予防するにはしっかりとした腰に負担をかけない座り方をすることが大事です。これらのことを意識して生活することによって腰痛を引き起こさないようにすることができます。

 

腰痛サプリの選び方

 

サプリメントにも非常に多くの種類があり、もちろん、その種類によって含有されている栄養素も異なります。ですので、どれを選べばいいのかわからないと悩んでいる方も多いのですが、今回は腰痛に悩んでいる方に効果のあるサプリメントはどういったものなのかということについて説明します。

 

日常生活にも腰痛というのは悪影響を与えてしまうことがあります。色々とやりたいことがあっても腰痛によってなかなか進まないこともあると思います。病院に行ってみてもらい、運動療法などを薦めているという方もいらっしゃると思います。それ以外の治療法を用いている方もいらっしゃるでしょう。その中で取り入れやすさでいればサプリメントを摂取するという方法もあります。

 

もちろん、最初に腰痛が出てきたらとにかく一度医師に診せるということは大前提になりますので覚えておきましょう。

 

実際にサプリメントで腰痛に効果のある栄養素を摂取することで改善したという話もあります。では、どういう栄養素が腰痛に効果があるのかというと、主にグルコサミンとコンドロイチンになります。

 

グルコサミンというのは椎間板を含めた軟骨をはじめ、全身の組織に存在している成分であり、加齢によって減少していきます。ですので摂取することで腰痛に効果があるとされています。そしてコンドロイチンですが、これは体内の水分を維持するのに非常に重要な成分であり、これも加齢によって体内から減少していきます。ですのでこれらの成分をサプリメントで摂取するようにしましょう。

更新履歴